報道の自由度ランキングとは?日本の順位の推移も解説

社会問題
AD

今回は、報道の自由度ランキングについて解説していきます。

国境なき記者団について

パリに拠点を置く「国境なき記者団」(RSF)は、国連、ユネスコ、欧州評議会、フランコフォニー国際機構(OIF)の諮問機関としての地位を有する独立NGOである。
ブリュッセル、ワシントン、ベルリン、チュニス、リオデジャネイロ、ストックホルムなど10都市の支局、130カ国の特派員のネットワークにより、RSFは現地とメディアやインターネットの基準や法律が立案される省庁の両方で支援を集め、政府に挑戦し、影響を行使する能力を備えています。

1985年、南フランスの都市モンペリエで4人のジャーナリストによって設立されたRSFは、現在、情報の自由の擁護と推進において、世界有数のNGOの一つとなっています。
1995年にフランスで非営利団体として登録されたRSFは、2008年の北京オリンピックでの抗議活動により中国で、2009年にはエリトリアの人々に放送する唯一の独立ラジオ局を設立し、ハイチでは2010年1月の地震後にメディアサポートセンターを設立し、最近ではシリアでジャーナリストやブロガーにトレーニングを提供して、その名を轟かせています。

RSF は毎日、世界中の情報の自由がどのように侵害されているかについて、フランス語、英語、スペイン語、アラビア語、ペルシャ語(そしてしばしば中国語、ポルトガル語、ロシア語などの他の言語)でプレスリリースと報告書を発表しています。また、国際的なメディアを通じて、個々の事件や一般的な問題に関して、人々の認識を高め、指導者に影響を及ぼしています。

国境なき記者団は、毎年、世界報道の自由度ランキングを発表しています。

報道の自由度ランキングとは

国境なき記者団(RSF)が2002年から毎年発表している世界報道の自由度指標は、国家間の模倣の原則に基づく重要な擁護ツールです。

この指数は、180の国と地域を、ジャーナリストが享受できる自由の度合いに基づいてランク付けしています。
各国・地域の多元主義、メディアの独立性、法的枠組みの質、ジャーナリストの安全性の評価に基づく、メディアの自由状況のスナップショットです。
政府が自国のランキングに大きな影響を与えることは明らかですが、これは公共政策のランキングではありません。
また、各国・各地域のジャーナリズムの質を示すものでもありません。

指数とアンケート調査

180の国と地域におけるジャーナリストの自由度は、RSFが考案したアンケートに対する専門家の回答を集計して決定されています。
この質的な分析に、評価期間中のジャーナリストに対する嫌がらせや暴力行為に関する量的なデータを加えています。
アンケートで使用される基準は、多元主義、メディアの独立性、メディア環境と自己検閲、法的枠組み、透明性、ニュースや情報の制作をサポートするインフラの質です。

アンケートはRSFが選んだ180カ国・地域のジャーナリスト、メディア弁護士、研究者、その他メディアの専門家に送られます。
各国・地域は、これらの専門家の回答や、前年度のジャーナリストに対する暴力行為や虐待の数値に基づき、スコアを割り出しています。

専門家チームが、それぞれ異なる地域を担当し、ジャーナリストや報道機関に対する嫌がらせや暴力を詳細に集計しています。
これらの調査員は、130カ国にいる特派員のネットワークにも頼っています。
各国の指標は、評価期間中のメディア関係者に対する嫌がらせや暴力の強さに関するデータに基づいて算出されます。
この定量的な指標は、アンケートへの回答に基づくその国の状況の定性的な分析を加味するために使用されます。

アンケートは、多元主義、メディアの独立性、ジャーナリストの安全と自由の尊重に関する国のパフォーマンスなどの基準カテゴリーに焦点を合わせて、合計87個の質問があります。
アンケートの各質問は、以下の6つの指標のいずれかにリンクしています。

  • 1 / 多元主義(Plur)・・・メディアにおいて、どの程度意見が反映されているかを測定する。
  • 2/ メディアの独立性(Ind)・・・メディアが政治、政府、企業、宗教の権力や影響力の源泉から独立して機能することができる程度を測る。
  • 3/ 環境と自己検閲(EA)・・・ニュースや情報のプロバイダーが活動する環境を分析する。
  • 4/ 立法的枠組み(CL)・・・報道と情報活動を統制する法的枠組みの影響を測定する。
  • 5/ 透明性(Tra)・・・ニュースや情報の制作に影響を与える制度や手続きの透明性を測定する。
  • 6/ インフラストラクチャー(Inf)・・・ニュースや情報の制作を支えるインフラの質を測定します。

評価対象期間中のジャーナリストやメディアに対する嫌がらせや暴力行為について収集したデータに基づく7つ目の指標も計算に加味されています。

7/ 嫌がらせ(Exa)・・・虐待や暴力のレベルを測定する。

各指標には0〜100のスコアが設定されています。

指数の算出方法

2013年の指数以降、各国には0から100までの点数が与えられ、0が最高点、100が最低点となっています。これにより、インデックスの情報量が増え、ある年と別の年を比較しやすくなっています。

RSFは2つのスコアを算出しています。
一つ目のScoAは、上記の7つの指標のうち、最初の6つの指標をもとに算出されます。
もうひとつのScoBは、最初の6つの指標と7つ目の指標(虐待)を組み合わせたものです。
最終的なスコアは、この2つのスコアのうち大きい方となります。
この方法によって、ニュースや情報の提供が厳しく管理されているために、ジャーナリストに対する暴力行為がほとんど行われていない国に、不適切に低いスコア(高いランク)が与えられることを防いでいます。

ScoAとScoBの計算方法は以下の通りです。

ScoA=1/3Plur+1/6(Ind+EA+CL)+1/12(Tra+Inf)
ScoB=1/5Exa+4/15Plur+2/15(Ind+EA+CL)+1/15(Tra+Inf)

上の計算式を見ると、ScoAでは多元主義(Plur)が最も重視され、次にメディアの独立性(Ind)・環境と自己検閲(EA)・立法的枠組み(CL)の3項目が続き、透明性(Tra)とインフラストラクチャー(Inf)はスコアに占める割合が小さいことが分かります。

ScoBでは、嫌がらせ(Exa)が重視されています。

日本の評価について

2021年、日本は180か国中67位です。

日本の順位について、以下のように述べられています。(原文は英語)

安倍晋三のかつての右腕であり、2020年9月から後継者として首相に就任した菅義偉は、報道の自由をめぐる環境を改善するために何もしていない。
世界第3位の経済大国である日本は、メディアの自由と多元主義の原則を尊重しています。
しかし、ジャーナリストは、伝統とビジネスの利益の影響により、民主主義の番人としての役割を十分に果たすことが困難であると感じている。
2012年の総選挙で民族主義的右派が政権を獲得して以来、ジャーナリストは自分たちに対する不信の風潮を訴えてきた。「記者クラブ」制度は、フリーランスや外国人記者を差別し続ける。
ソーシャルネットワーク上では、政府に批判的なジャーナリストや、福島第一原発事故や沖縄の米軍駐留など「反愛国的」なテーマを扱うジャーナリストに対して、民族主義者グループが嫌がらせをしている。
政府は、内部告発者、ジャーナリスト、ブロガーが「不法に」入手した情報を公開したとして有罪判決を受けた場合、最高で10年の禁固刑となる「特定秘密保護法」についての議論を拒み続けている。

記者クラブ制度、政府に批判的・反愛国的なテーマに対しての嫌がらせ、特定秘密保護法が日本の主な問題点として挙げられています。

しかし、日本の2021年の「abuse score」(嫌がらせの点数)は0であり、本当に嫌がらせ行為が横行しているのかは疑問が残ります。

また、各国の点数、評価についての興味深い記事があります。

 国境なき記者団アジア太平洋デスクのベンジャミン・イシュマル氏に日本の順位下落の理由を尋ねたところ、英文のメールで回答が寄せられ、「日本の回答者が、以前より厳しく評価したということだ」とし、わざわざ大文字で「THEY」と書き、「“彼ら”がそう答えたからこうなったのだ」とコメントした。

 ここで気になるのは、「THEY」とは誰かである。回答者の人選に関わったという国境なき記者団・日本特派員の瀬川牧子氏に聞くと、「20人の回答者らの個人名を出すことはできません」という。

NEWSポストセブンより引用(2016年)

この話が本当だとしたら、順位や評価には名前も公表されていない回答者の主観が大きく関わっていることになります。

報道の自由度ランキング以外の指標について知りたい方はこちら

JFJNについて

国境なき記者団の日本特派員である瀬川牧子氏が代表を務めるJFJN(JAPAN FIXERS & JOURNALISTS NETWORK)が報道の自由度ランキングの日本における調査に深く関わっています。

JFJNの公式サイトでは、JFJNについて以下のように説明されています。

「日本フィクサー&ジャーナリストネットワーク」は、海外メディアやフリーランスジャーナリストの日本での取材活動をサポートする団体です。フィクサーの多くは、ジャーナリストやフリーライターなどの取材経験者なので、取材者の視点でコーディネートすることが可能です。また、海外のジャーナリストたちと連携をして、日本のニュースを世界に発信するお手伝いをしています。

JFJNのAbout usより引用

参考

RSF Presentation Reporters Without Borders (RSF), for freedom of information

RSF The World Press Freedom Index

RSF Detailed methodology

RSF Japan

NEWSポストセブン 報道の自由度はタンザニア以下?国境なき記者団順位の決め方

JAPAN FIXERS & JOURNALISTS NETWORK About us

コメント

タイトルとURLをコピーしました